国内梱包事例 建築模型の強化ダンボール梱包

建築模型の強化ダンボールによる梱包事例となります。今までは首都圏から地方への発送はその都度チャーター便手配によるもので輸送費用が相当かかっていたとの事で今回は路線混載便での輸送に切り替えるべく模型を梱包することとなり、弊社に依頼いただきました!

まずはプチプチなどの発泡性緩衝材で養生していきます。

模型の台に合わせて緩衝材をホットメルトで梱包箱のトレイ部分に接合し準備。四隅に切り欠きを入れて台の脚をかわして下面全体で荷重がかかるようにしています。

拡大したところです(^_^メ)

胴枠(スリーブ)を被せて台座に緩衝材が上手く合うか確認します。

丁度いい感じに収まりました(^^ゞ

キャップ(ふた)を被せてから、エステルバンドで封緘。輸送時のドライバーさんへの注意喚起として張り紙と衝撃感知ラベルショックウォッチを貼ります。

無事に梱包完了です(^^♪

 
 
梱包見積フォームへ   資材見積フォームへ